事業内容と伝統のノウハウ

thyssenkrupp Otto の事業は、二つのエンジニアリング分野から構成されています。創立以来60年の歴史を持つコークスプラント事業分野として、コークス炉と関連する全ての設備の設計・製作・建設を受託致します。また環境・エネルギーソリューション事業分野として、各種の産業廃棄物の焼却炉やリサイクル設備等の設計・製作・建設の受託や、当社の独自の技術に基づく特殊工業炉用のバーナや高効率燃焼装置の設計製作を行います。 2011年10月に、当社はドイツの名門エンジニアリング企業でありますthyssenkrupp Industrial Solutions のグループ企業として新たなスタートを切りました。これからは上述した事業領域に加え、同社が得意とする各種化学プラント、石炭ガス化発電プラント(IGCC: Integrated Gasification Combined-Cycle))或いは二酸化炭素排出削減関連技術等、多くの実績と高い評価に裏付けされた技術領域に於ける事業の拡大に邁進致します。 thyssenkruppの社員の合い言葉は、“Engineering with Ideas"。未来に向けて、地球環境と産業のあるべき関わり合いを、thyssenkrupp Ottoのエンジニアリング事業を通じて求めて参ります。

News

Expect the unexpected!
Take a look behind the scenes and get involved on engineered, our new blog.

Left Left
ソーシャルネットワーク(SNS)
Top

ソーシャルブックマーク

Bottom Top Bottom Top Bottom Top

ブログ

Bottom